第5回鉄鋼スラグ製品と海と森アートコンテスト

締め切り 2013年1月31日(木)

審査を終えて

■審査委員長 / 中村征夫 (水中写真家)

これまでは、子供たちの大胆な作風に、大人の作品が圧倒される傾向がありましたが、今回は大人の部にクオリティの高い作品が多いことに驚かされました。
「地球の構図」というタイトルの大人の部の最優秀賞に選ばれた作品は、海と森の様々な生命が共存している様子が見事なまとまりをもって表現されています。
子供の部の最優秀賞作品についても同様の評価をすることができます。「いのちの物語」と題された14歳の女の子の作品は、真ん中の1本の木を挟んで、右側には陸の動物たち、左側には魚や亀など海の生物たちが違和感なく描かれています。作者によれば「2つの世界がつながっている様子を表現しました」とのこと。
これらの作品に象徴されるように、多くの作品に自然環境への問題意識がうかがえました。「鉄鋼スラグ製品と海と森」アートコンテスト への応募者の意識が、回を重ねるごとに高まっていることがわかります。


【プロフィール】
日本写真家協会、日本写真協会
写真家中村征夫公式ページ