鉄鋼スラグについて


HOME > 鉄鋼スラグについて > 鉄鋼スラグの種類

鉄鋼スラグについて

鉄鋼スラグの種類
鉄鋼スラグができるまで
鉄鋼スラグの特性と用途
鉄鋼スラグの化学的特性
鉄鋼スラグ製品のご紹介
セメント用
コンクリート用骨材
道路用
土木・港湾用
地盤改良用
肥料
ロックウール
グリーン購入法指定について
鉄鋼スラグの素朴な疑問

鉄鋼スラグ用語集

グリーン購入法指定について

鐵鋼スラグの種類


鉄鋼製造工程において副産物として発生する鉄鋼スラグは、高炉スラグと製鋼スラグに大別されます。

鉄鋼製造工程において副産物として発生する鉄鋼スラグは、高炉スラグと製鋼スラグに大別されます。
高炉
    高炉

鉄鋼スラグは、金属製造工程のスラグのうち、鉄鋼製品の製造工程で生まれたものを指します。スラグは本来金属製造工程起源のものですが、ごみなどを焼却施設で処分したときに発生する廃棄物加熱溶融起源のものもスラグと呼んでいます。


高炉スラグ


高炉スラグは、溶けた銑鉄を製造する高炉で鉄鉱石に含まれる鉄以外の成分と、副原料の石灰石やコークス中の灰分が一緒に溶融分離回収されたもので、銑鉄1t当たり約290kg生成されます。高炉から排出されたスラグは、約1,500℃の溶融状態にあり、その冷却方法によって徐冷スラグと水砕スラグに分類されます。

徐冷スラグ


溶融スラグを冷却ヤードに流し込み、自然放冷と適度の散水により徐冷処理することで、結晶質で岩石状の徐冷スラグとなります。

水砕スラグ


溶融スラグに加圧水を噴射するなど急激に冷却処理することにより、ガラス質で粒状の水砕スラグとなります。

徐冷スラグ
水砕スラグ
徐冷スラグ   水砕スラグ

製鋼スラグ


銑鉄やスクラップから成分を調整し、靭性・加工性に優れた「鋼」を製造する製鋼工程で副生されます。
製鋼スラグには、転炉から生成する転炉系スラグと、スクラップを原料とする電気炉製鋼工程で生成される電気炉系スラグがあります。

転炉系スラグ


転炉系スラグは、高炉徐冷スラグと同様に冷却ヤードで放冷や散水により徐冷処理された後加工され、各種製鋼スラグ(転炉系)用途に利用されています。転炉鋼1tあたり約110kg生成されます。

電気炉系スラグ


鉄スクラップを溶解・精錬する際に生成する電気炉系スラグは、酸化精錬で生成する酸化スラグと還元精錬で生成する還元スラグがあり、電気炉酸化スラグは電気炉鋼1tあたり約70kg、還元スラグが約40kg生成されています。

転炉
電気炉
製鋼スラグ(転炉系)
転炉   電気炉   製鋼スラグ(転炉系)