鉄鋼スラグについて



鉄鋼スラグについて

鉄鋼スラグの種類
鉄鋼スラグができるまで
鉄鋼スラグの特性と用途
鉄鋼スラグの化学的特性
鉄鋼スラグ製品のご紹介
グリーン購入法指定について
高炉セメント
高炉スラグ骨材
鉄鋼スラグ混入路盤材
鉄鋼スラグ混入アスファルト混合物
鉄鋼スラグを原料としたロックウール
土工用水砕スラグ
地盤改良用製鋼スラグ
コンクリート用電気炉酸化スラグ骨材
鉄鋼スラグ水和固化体
鉄鋼スラグの素朴な疑問

鉄鋼スラグ用語集

グリーン購入法指定について

高炉スラグ骨材


鉄鋼スラグ製品の多くは、環境面での優位性や長年の使用実績が高く評価され、2001年に施行された「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」(グリーン購入法)の公共工事における特定調達品目(環境負荷低減に資する製品等)に指定されています。
天然砂(海砂、山砂)、天然砂利、砕砂や砕石の代替として使用する高炉スラグ骨材は、自然環境の保護、破砕加工時に使用される化石燃料削減とCO2削減効果が認められ、2002年度に特定調達品目に指定されました。

コンクリート用高炉スラグ粗骨材


スラグ粗骨材2005
スラグ粗骨材2005ストックヤード
スラグ粗骨材2005 スラグ粗骨材2005ストックヤード

特長


  • 高炉スラグ粗骨材は、溶解シリカ量が少なく、アルカリ骨材反応が起こらない骨材です。
  • 粘土、有機不純物といった有害物質を含んでおりません。
  • 天然骨材と同様にご使用いただけます。

種類


  • コンクリート用骨材として、土木・建築用に幅広く利用されています。

種類 粒の大きさの範囲(mm) 記号
4005 40〜5 BFG40-5
4020 40〜20 BFG40-20
2505 25〜5 BFG25-5
2005 20〜5 BFG20-5
1505 15〜5 BFG15-5

品質規格(JIS A 5011-1)


項 目 高炉スラグ粗骨材
区分L 区分N
分 類 絶乾比重 2.2以上 2.4以上
吸水率(%) 6.0以下 4.0以下
単位容積質量(kg/L) 1.25以上 1.35以上
化学成分 酸化カルシウム(CaOとして) 45.0以下(%)
全硫黄(Sとして) 2.0以下(%)
三酸化硫黄(SO3として) 0.5以下(%)
全鉄(FeOとして) 3.0以下(%)
水中浸せき 亀裂、分解、泥状化、粉化などの現象があってはならない。
紫外線照射 発光しないか、または、一様な紫色に輝いていなければならない。

コンクリート用高炉スラグ粗骨材の使用にあたってのポイント


  • 高炉スラグ粗骨材はコンクリートは、AEコンクリートにしてご使用ください。
  • ポンプ施工等どのような施工条件にも適用できます。骨材表面は湿った状態に貯蔵管理してください。
  • コンクリートの空気量を測定する際の骨材修正係数は、川砂利・砕石などより1〜2%大きくなります。
  • スラグ粗骨材を使用する際、その品質変動については通常の管理状態にある砕石・川砂利を用いたコンクリートの変動係数を見込めば十分です。
  • 高炉セメントを用いた場合と同様に、養成後表面に青みが出ることがありますが、強度や耐久性には影響なく、数日空気に触れれば消えます。

高炉スラグ粗骨材コンクリートの性状


砕石置き換え率と単位水量及び圧縮強度
高炉スラグAEコンクリートの乾燥収縮
砕石置き換え率と単位水量及び圧縮強度 高炉スラグAEコンクリートの乾燥収縮

材齢と圧縮強度
アルカリ骨材反応の有害判定区分
材齢と圧縮強度 アルカリ骨材反応の有害判定区分

高炉スラグ粗骨材コンクリートを用いた主な施工例


構造物の名称 施工
年次
S:昭和
H:平成
所在地 施主 高炉スラグ粗骨材の品質 セメント
の種類
コンク
リートの
施工量
(m3
備考
種類 絶乾
比重
吸収率
(%)
単位
容積
質量
(%)
姫路LNG
施設関連ケーソン
S52 姫路市 関西電力 2005B 2.52 3
〜3.5
1.45 高炉B 79,000  
京浜製鉄所
扇島2期工事
S52
〜S53
川崎市 NKK 2005B 2.59 2.79 1.47 高炉B 667,000  
2005B 2.59 2.79 1.47 高炉、ポルト
消波ブロックケーソン
上部工その他
S60
〜S63
鹿島町 運輸省 2005B 2.43
〜2.53
2.16
〜3.22
1.38
〜1.43
高炉、ポルト 200,000  
トヨタスチールセンター S59 東海市 トヨタ
スチール
2005B 2.50 2.55 1.45 高炉セメント 171,400  
2005B 2.44 3.54 1.52 高炉セメント  
2005B 2.48 2.38 1.50 高炉セメント  
2005B 2.57 2.12 1.58 高炉セメント  
千葉製鉄所
NA岸壁工事
S60 千葉市 川崎製鉄 2005B 2.52 1.89 1.47 高炉セメント 13,600  
新日本硝子(株)
姫路工場
S63 姫路市 新日本硝子 2005B 2.52 3
〜3.5
1.45 高炉B 20,000  
オートクレープ
設備基礎
S63
〜H1
川崎市 シボレックス 2005B 2.47 3.15 1.45 高炉、ポルト 5,970  
東京湾横断道路
地下連続壁実験工事
S63
〜H1
横浜市 東京湾
横断道路
2005B 2.48 3.34 1.46 高炉、ポルト 550  
2005B 2.48 3.34 1.46 高炉、ポルト  
和歌山製鉄所
シームレス工場建設
H6
〜H7
和歌山市 住友金属
工業
2005N 2.57 2.50 1.54 高炉、ポルト 162,000 粗骨材
使用数量
ベース
ユニバーサルスタジオ
建設工事
H11
〜H12
大阪市 USJ 2005N 2.56 2.77 1.51 高炉、ポルト 27,500 粗骨材
ベース
東京電力
富津火力発電所
増設工事
H11
〜H13
富津市 東京電力 2005N 2.52 2.68 1.45 高炉、ポルト
三成分系
53,180 粗骨材
使用数量
ベース

コンクリート用高炉スラグ細骨材


特徴


  • 高炉水砕スラグを軽破砕して粒度を調整した工業製品であり、品質のバラツキが少なく、コンクリートに有害となる塩化物、ごみ、どろ、有機物などが含まれていない良質な骨材です。
  • アルカリ骨材反応を起こす恐れはありません。
  • 所定の規格内に品質管理されているため、天然細骨材の粒度の改善や、塩化物含有量の低減などを目的に混合利用することにより、良質なコンクリートが得られます。
高炉スラグ細骨材
高炉スラグ細骨材

種類・品質(JIS A 5011-1より抜粋)


・粒度による区分


区分 粒の大きさの範囲(mm) 記号
5mm高炉スラグ細骨材 5.0以下 BFS55
2.5mm高炉スラグ細骨材 2.5以下 BFS2.5
1.2mm高炉スラグ細骨材 1.2以下 BFS1.2
5〜0.3mm高炉スラグ細骨材 5〜0.3 BFS5〜0.3

※粗粒率は、購入時に製造業者が提出した見本品について試験して求めた粗粒率と±0.20%以上変化しないこと。

・化学成分および物理的性質


項 目 測定値
化学成分 酸化カルシウム(CaOとして) % 45.0以下
全硫黄(Sとして) % 2.0以下
三酸化硫黄(SO3として) % 0.5以下
全鉄(FeOとして) % 3.0以下
絶乾密度 g/cm3 2.5以上
吸水率 % 3.5以下
単位容積質量 kg/ℓ 1.45以上

・粒度


区 分 ふるいの呼び寸法
ふるいを通るものの質量百分率(%)
10 5 2.5 1.2 0.6 0.3 0.15
5mm高炉スラグ細骨材 100 95〜100 80〜100 50〜90 25〜65 10〜35 2〜15
2.5mm高炉スラグ細骨材 100 95〜100 85〜100 60〜95 30〜70 10〜45 2〜20
1.2mm高炉スラグ細骨材 - 100 95〜100 80〜100 35〜80 15〜50 2〜20
5〜0.3mm高炉スラグ細骨材 100 95〜100 65〜100 10〜70 0〜40 0〜15 0〜10

コンクリート用高炉スラグ細骨材の使用にあたってのポイント


  • 高炉スラグ細骨材は、天然骨材と同様、混合もしくは単独でご使用いただけます。
    天然骨材との混合では、20〜60%の配合が一般的です。
  • 夏期の高温時には固結する場合があるため、長期保存を控える必要があります。
  • 詳細については、(社)土木学会「高炉スラグ骨材コンクリート施工指針」および(社)日本建築学会「高炉スラグ細骨材を用いるコンクリート施工指針・同解説」をご覧ください。

コンクリートの特性


高炉スラグ骨材のアルカリ骨材反応


高炉スラグ細骨材は、溶融シリカ量が少なく、
それ自体はアルカリ骨材反応を起こしません。

乾燥収縮


コンクリートの乾燥収縮は、川砂を使用したものと
比較して同等か、もしくはやや小さい傾向があります。
アルカリ骨材反応の有害判定区分
高炉スラグAEコンクリートの乾燥収縮
出典:鐵鋼スラグ協会実験データ 出典:高炉スラグ細骨材を用いたコンクリートの設計施工指針(案)土木学会

圧縮強度


高炉スラグ細骨材を用いたコンクリートの強度は、海砂を用いたものと同等あるいは、それ以上の値が得られます。

林齢7日
林齢28日
林齢91日
出典:高炉スラグ細骨材を用いたコンクリートの設計施工指針(案)土木学会

関連規格・指針等一覧


JIS A5011-1 コンクリート用スラグ骨材 第1部:高炉スラグ骨材(2003年改正)
JIS A5308 レディミクストコンクリート(2009年改正)
建設省住宅局 建築基準法施行令による材料認定 高炉スラッグ細骨材(1983年)
(社)日本建築学会 高炉スラグ細骨材を用いるコンクリート施工指針・同解説(1983年)
(社)土木学会 高炉スラグ骨材コンクリート施工指針(1993年改訂)

コンクリート用骨材関連資料

コンクリート用高炉スラグ粗骨材 1.23MB  
コンクリート用高炉スラグ細骨材 1.02MB  
鉄鋼スラグのコンクリート骨材への利用 1.29MB