鉄鋼スラグについて


HOME > 鉄鋼スラグについて > グリーン購入法指定について > コンクリート用電気炉酸化スラグ骨材

鉄鋼スラグについて

鉄鋼スラグの種類
鉄鋼スラグができるまで
鉄鋼スラグの特性と用途
鉄鋼スラグの化学的特性
鉄鋼スラグ製品のご紹介
グリーン購入法指定について
高炉セメント
高炉スラグ骨材
鉄鋼スラグ混入路盤材
鉄鋼スラグ混入アスファルト混合物
鉄鋼スラグを原料としたロックウール
土工用水砕スラグ
地盤改良用製鋼スラグ
コンクリート用電気炉酸化スラグ骨材
鉄鋼スラグ水和固化体
鉄鋼スラグの素朴な疑問

鉄鋼スラグ用語集

グリーン購入法指定について

コンクリート用電気炉酸化スラグ骨材


鉄鋼スラグ製品の多くは、環境面での優位性や長年の使用実績が高く評価され、2001年に施行された「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」(グリーン購入法)の公共工事における特定調達品目(環境負荷低減に資する製品等)に指定されています。
天然砂(海砂、山砂)、天然砂利、砕砂や砕石の代替として使用する電気炉酸化スラグ骨材は、自然環境の保護、骨材運搬、重量コンクリート施工による化石燃料削減とCO2削減効果が認められ、2005年度に特定調達品目に指定されました。

特長


  • 電気炉酸化スラグを破砕・分級した後、金属鉄を除去した工業製品であり、品質のバラツキが少なく、コンクリートに有害となるゴミ、泥、有機物などが含まれていない良質な骨材です。
  • 製造工程で海水を用いないため、塩化物含有量が極めて微量です。
  • 粗骨材(EFG)、細骨材(EFS)いずれでも供給することができます。
  • 絶乾密度が、およそ3.6g/cm3と他の骨材に比べて高いことが最大の特長です。
  • アルカリシリカ反応を起こすおそれはありません。

種類(粒度による区分)


区分 粒の大きさの範囲
(mm)
記号
粗骨材 4020 40〜20 EFG40-20
粗骨材 2005 20〜5 EFG20-05
粗骨材 2015 20〜15 EFG20-15
粗骨材 1505 15〜5 EFG15-05
区分 粒の大きさの範囲
(mm)
記号
5mm細骨材 5以下 EFS5
2.5mm細骨材 2.5以下 EFS2.5
1.2mm細骨材 1.2以下 EFS1.2
5〜0.3mm細骨材 5〜0.3 EFS5-0.3

品質(JIS A 5011-4より抜粋)


項目 粗骨材 細骨材
N* H* N H
化学成分 酸化カルシウム(CaOとして)(%) 40.0以下
酸化マグネシウム(MgOとして)(%) 10.0以下
全鉄(FeOとして)(%) 50.0以下
塩基度(CaO/SiO2として)(%) 2.0以下
絶乾密度(g/cm3 3.1以上4.0未満 4.0以上4.5未満 3.1以上4.0未満 4.0以上4.5未満
吸水率(%) 2.0以下
単位容積質量(kg/ℓ) 1.6以上 2.0以上 1.8以上 2.2以上

*N、Hは絶乾密度による区分

コンクリート用電気炉酸化スラグ骨材の使用にあたってのポイント


  • EFSは、天然骨材と同様、混合もしくは単独でご使用いただけます。
    天然骨材に30%以下の混合で使用する場合には、フレッシュおよび硬化コンクリートの性能は普通コンクリートと大差ないため、特別な配慮をおこなわずにご使用いただけます。
  • 重量を要するコンクリートの場合は、粗骨材にEFGを用い、適宜、細骨材のEFS混合率を高くしてご使用することができます。粗骨材・細骨材に全量EFG・EFSを用いた場合のコンクリート重量は、約3,000kg/m3になります。
  • 詳細については、(社)土木学会「電気炉酸化スラグ骨材を用いたコンクリートの設計・施工指針(案)」、(社)日本建築学会「電気炉酸化スラグ細骨材を用いるコンクリートの設計施工指針・同解説」をご覧ください。

コンクリートの特性


電気炉酸化スラグ骨材のアルカリ骨材反応


電気炉酸化スラグ骨材は、溶解シリカ量が少なく、それ自体はアルカリ骨材反応を起こしません。

乾燥収縮


コンクリートの収縮は、天然砂を使用したものと比較して同等か、もしくはやや小さい傾向にあります。

電気炉酸化スラグ骨材のアルカリ骨材反応

出典:電気炉酸化スラグ利用研究準備委員会実験データ
乾燥収縮

出典: 電気炉酸化スラグ骨材を用いた建築用コンクリートに関する委託調査研究報告書
(社)日本建築学会

中性化


EFS30%混合のコンクリートの中性化速度係数は、普通コンクリートと同等の値を示します。

耐凍害性


EFSの混合率が30%の範囲では、水セメント比55%で空気量が5%前後のコンクリートの耐凍害性は、凍結溶融300サイクルでも相対動弾性係数が90%以上を示しており、良質な砂を用いた場合とほぼ同等とみなすことができます。

中性化

出典: 電気炉酸化スラグ骨材を用いた建築用コンクリートに関する委託調査研究報告書
(社)日本建築学会
耐凍害性

出典: 電気炉酸化スラグ骨材を用いた建築用コンクリートに関する委託調査研究報告書
(社)日本建築学会

関連規格・指針等一覧


JIS A 5011-4 コンクリート用スラグ骨材−第4部:電気炉酸化スラグ骨材(2003年制定)
JIS A 5308 レディーミクストコンクリート(2009年改正)
(社)土木学会 電気炉酸化スラグ骨材を用いたコンクリートの設計・施工指針(案)(2003年)
(社)日本建築学会 電気炉酸化スラグ骨材を用いるコンクリートの設計施工指針(案)・同解説(2005年)
国土交通省 公共建築工事標準仕様書(建築工事編)(平成19年版)
国土交通省 港湾工事共通仕様書(平成16年3月)

コンクリート用電気炉スラグ骨材関連資料

コンクリート用電気炉スラグ骨材 2.00MB