鐵鋼スラグ協会とは

HOME > 鐵鋼スラグ協会とは > 活動のあゆみ

鐵鋼スラグ協会とは

設立目的と事業
役員のご紹介
活動のあゆみ
協会の組織
会員会社・団体一覧
活動状況と事業計画
協会の所在地/本部
大阪事務所

鉄鋼スラグ用語集

グリーン購入法指定について

活動のあゆみ


鐵鋼スラグ協会の沿革


1966年2月 大阪市に「鉱滓製品研究会」創立
1968年7月 「日本鉱滓協会」と改称
1975年4月 協会本部を東京都に移設 大阪事務所開設
1976年5月 「日本スラグ協会」と改称
1978年10月 「日本スラグ協会」を発展的に解散、鉄鋼メーカーも加盟し「鐵鋼スラグ協会」を設立
1981年4月 普通鋼電炉工業会,日本鉄鋼連盟特殊鋼部会専業会社が団体加盟
1984年4月 日本鉄鋼連盟スラグ資源化委員会の業務を継承

鉄鋼スラグ利用のあゆみ


1901年 官営八幡製鉄所(現新日鐵住金八幡製鐵所)で銑鋼一貫製鉄開始
1907年 消石灰と水砕スラグでスラグレンガ製造
1910年 高炉スラグを用いたセメント製造開始
1925年 商工省の高炉セメントに関する通達
1955年 けい酸石灰肥料(ケイカル)の規格
1966年 鉱滓製品研究会創立 1968 日本鉱滓協会に改称、1976 日本スラグ協会に改称
1976年 日本鉄鋼連盟スラグ資源化委員会設置
1977年 コンクリート用高炉スラグ粗骨材 JIS A 5011制定
1978年 高炉スラグ砕石コンクリート施工指針(案)発刊(日本建築学会・土木学会)
アスファルト舗装要綱に鉄鋼スラグの組入れ/鐵鋼スラグ協会設立(日本スラグ協会発展的解散)
1979年 ポルトランドセメントのJIS R 5210 改正/道路用スラグJIS A5015 制定
日本建築学会標準仕様書・土木学会標準示方書改訂
1981年 コンクリート用高炉スラグ細骨材 JIS A 5012制定
1982年 高炉スラグ路盤設計施工指針発刊/製鋼スラグを用いたアスファルト舗装設計施工指針発刊
1983年 高炉スラグ細骨材を用いた設計施工指針(案)制定(日本建築学会・土木学会)
1985年 製鋼スラグ路盤設計施工指針作成
1987年 港湾工事用水砕スラグ利用手引書発刊
1989年 アルカリ骨材反応の抑制対策で高炉セメントが採用(建設省通達)
1992年 JIS A 5011「コンクリート用スラグ骨材」改正/JIS A 5015 「道路用スラグ」に製鋼スラグが織り込まれる
1995年 JIS A 6206「コンクリート用高炉スラグ微粉末」制定
高炉スラグ微粉末を使用するコンクリートの調合設計・施工指針(案)発刊(日本建築学会)
1997年 JIS A 5011-1「コンクリート用スラグ骨材」改正
1998年 JIS A 5308「レディーミクストコンクリート」改正
2000年 港湾工事用製鋼スラグ利用手引書発刊(.沿岸技術研究センター、鐵鋼スラグ協会)
2001年 高炉セメントがグリーン購入法の特定調達品目として初めて指定
2002年 電気炉酸化スラグ骨材のコンクリートへの利用設計・施工指針発刊(土木学会)
2003年 JIS A 5011-4「コンクリート用スラグ骨材 :電気炉酸化スラグ」制定
2005年 ベトナム建設省とのスラグセメント規格化共同研究契約締結
電気炉酸化スラグ細骨材を用いるコンクリートの設計施工指針(案)・同解説発刊(日本建築学会)
2007年 港湾・空港における水砕スラグ利用技術マニュアル発刊(沿岸技術研究センター)
2008年 JSTM H 8001「土工用製鋼スラグ砕石」制定(建材試験センター)
2009年 JIS A 5308「レディーミクストコンクリート」改正
2013年 JIS A 5015「道路用鉄鋼スラグ」改正/ JIS A 6206「コンクリート用高炉スラグ微粉末」改正
高炉スラグ細骨材を使用するコンクリートの調合設計・施工指針・同解説発刊(日本建築学会)
2015年 鉄鋼スラグ路盤設計施工指針発刊((一財)土木研究センタ
2016年 JSTM H 8001「土工用製鋼スラグ砕石」改正(建材試験センター)
2017年 高炉セメントまたは高炉スラグ微粉末を用いた鉄筋コンクリート造建築物の設計・施工指針(案)・同解説
発刊(日本建築学会)
2018年

JIS A 5011-1「コンクリート用スラグ骨材・第1 部:高炉スラグ骨材」改正
JIS A 5011-4「コンクリート用スラグ骨材・第4 部:電気炉酸化スラグ骨材」改正

JIS A 5015「道路用鉄鋼スラグ」改正